臨床検査学科

Department of Clinical Laboratory Technology確かな診断に導く検査のスペシャリスト
病気の治療や予防。そのすべては、臨床検査技師が行う検査からはじまります。
臨床検査技師は、検査の結果からより早く病因を発見し、
確かな診断に導く検査のスペシャリストです。

臨床検査学科の特色

仕事の内容
いち早く病気を見つける検査・分析の専門家

仕事の内容(臨床検査学科)
採血などの検体採取や生理検査を行うほか、検体を用いた分析業務を行う、臨床検査技師。新型コロナウイルス感染症のPCR検査などの現場で奮闘している姿に注目が集まっています。病気の早期発見や早期治療にもかかわる仕事であるため、幅広い分野で必要とされています。

時代に求められている仕事
早期発見、予防医学。活躍の場は、広がるばかり

時代に求められている仕事(臨床検査学科)
さまざまな臨床現場での検査を理解し、病気の早期発見や早期治療につなげることで、つなぎとめられる命があります。高齢化の進む日本では、健康寿命を伸ばすことや未病への取り組みなど、予防医学の発展も求められており、臨床検査技師への期待や活躍の場は、広がるばかりです。

育てる人材像
コミュニケーション力をもつ検査のプロフェッショナルになる

育てる人材像(臨床検査学科)
臨床検査技師の仕事は、特に医師や看護師との連携が必要な仕事です。採血や超音波検査など、患者さんと直接ふれあう検査もあります。そのため、医療の現場では、コミュニケーション能力の高い臨床検査技師が求められるようになりました。あなたのほんの一言や笑顔が、患者さんの不安を和らげるのです。

カリキュラム
医療現場と連動した実践能力をつける教育

医学部附属病院
1年次には基礎となる教養や医学の基礎知識を身につけ、徐々に専門的な知識や実践的な技術を学びステップアップしていきます。4年間で、段階的に理解が深まるカリキュラム構成になっています。そして、医学部をはじめとする医学系他学部との連携により、十分な医学教育の修得が可能です。また、数学、物理が苦手な場合も、入学後の基礎科目でサポートしますので心配いりません。
カリキュラム臨床検査学科
カリキュラム臨床検査学科SP


順天堂で学ぶ強み
豊富な臨床経験と高い研究能力を兼ね備えた教授陣

順天堂で学ぶ強み(臨床検査学科)
授業は少人数制。学生一人ひとりに応じたきめ細かな指導で、医療現場での実践的な技術を身につけます。キャンパス内には、生理機能検査室など最先端の医療を学ぶ施設が完備され、授業を行うのは、豊富な臨床経験と高い研究能力を兼ね備えている教授陣。将来、大学院に進みたいという希望に対しても、全面的にサポートします。

教育環境
医療現場で実際に使われる設備や検査機器も充実

研究環境(臨床検査学科)
キャンパス内には、生理機能検査室や臨床検査用の実習室など、最先端の医療を学ぶ施設も完備しており、医療機器・設備や検査機器も充実。実際に医療機関で使用されているものを揃えているので、授業や実習の中で、現場で活かせる実践力も身につきます。

資格・進路

目指せる資格
臨床検査技師(国家資格)
卒業後の進路
病院・診療所・健診センター等の医療機関、保健所等の行政機関、臨床検査センター等の検査機関、検査試薬や医薬品のメーカー、治験施設支援機関(SMO)、医薬品開発業務受託機関(CRO)等、教育・研究機関、大学院進学