臨床工学科

Department of Clinical Engineering医療の安全を保ち、いのちを守るエンジニア
長寿国、日本。
高齢化などの社会問題を解決するため、日々テクノロジーは進化し、医療も高度化してきました。
臨床工学技士は、いのちのエンジニア。
医療機器が進歩するほど、その専門性が求められる仕事です。

臨床工学科の特色

仕事の内容
「医学」と「工学」両分野の知識と技術を持つ医療機器の専門家

仕事の内容(臨床工学科)
臨床工学技士は、人工透析装置、人工呼吸器、体外循環装置(ECMOを含む)などのハイテク医療機器の操作、保守点検などを行う医療技術職です。手術室や集中治療室(ICU)での生命維持サポートをはじめ、未来の医療機器の研究、メーカーとの共同開発まで、幅広い活躍が期待されています。

時代に求められている仕事
医療機器がハイテクになるほど、臨床工学技士の活躍の期待がますます高まります

時代に求められている仕事(臨床工学科)
ハイテク医療機器には、患者さんの多くのデータが取得されています。今後はAIなどを活用したデジタルサイエンスが進み、患者さん一人ひとりへのオーダーメイドの治療方法が提案できるようになると予測されます。その治療法に一番最初に気づくのは、臨床工学技士かもしれません。

育てる人材像
チーム医療で活躍できる臨床工学技士になる

育てる人材像(臨床工学科)
医療の現場は、チーム医療。患者さんの病態に合わせ、医師、看護師、臨床工学技士などの専門性の高い医療職者が集い、連携して治療が行われます。それには医療職者間の確実な情報共有・意思伝達が求められます。必要となる専門知識・コミュニケーション能力を身につけた臨床工学技士を育てます。

カリキュラム
「医学」×「工学」をバランスよく学びます

カリキュラム(臨床工学科)
臨床工学科のカリキュラムは、医学系と工学系の科目をバランスよく学びます。医学系の科目は、医学系他学部との連携により十分な医学教育の修得が可能です。また工学系においても、医用工学や人工臓器分野で教育・研究実績のある教授陣がそろい、必要な工学技術を修得することができます。また、数学、物理の基礎科目も配置しており、苦手な人にも入学後にサポートがあるので心配いりません。
カリキュラム臨床工学科
カリキュラム臨床工学科SP


順天堂で学ぶ強み
臨床経験豊富な教授陣。医学部附属病院に加え、首都圏の主要な病院での臨床実習

医学部附属病院
豊富な臨床経験と高い研究能力を兼ね備えている教授陣に加え、最先端の医療を学ぶ施設、そして実際に医療現場で使用されている医療機器も完備。さらに授業は少人数制。学生一人ひとりに応じたきめ細かな指導で、医療現場での実践的な技術を身につけます。将来、大学院に進みたいという希望に対しても、全面的にサポートします。

教育環境
研究にも没頭できる新キャンパスの環境

新キャンパス
学生には各自が一つの研究テーマを持ち、研究の面白さを体験して欲しいと考えています。3、4年次の「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」では、研究で得た成果をまとめ卒業論文を制作します。その際、実習室や実習準備室を利用し、実験や調査を進めていきます。

資格・進路

目指せる資格
臨床工学技士(国家資格)
卒業後の進路
病院、医療機器関連企業・機関、教育・研究機関、大学院進学