学部紹介Faculty Introduction

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

医療科学部では、「本学の学是である「仁」の精神に基づき、人 間尊重の理念と高い倫理観と豊かな人間性を育み、医学や医療に 係る基本的知識に裏打ちされた科学的根拠に基づく専門的知識及び医療技術を教授して、確かな実践能力と態度を身につけ、自己成長を目指して主体的に学修を継続することのできる資質の高い 医療専門職者を養成する」ことを教育研究上の目的とします。卒業時に次の資質・能力を身に付けた者に対し、学士の学位を授与します。


学部共通

  1. 人間尊重の理念と高い倫理観を持ち、豊かな人間性を備えて人間の生活と健康状態における普遍性と多様性に強い関心と深い理解を示し、社会に貢献できる能力
  2. 良質な医療を提供するうえで求められる、患者や他の医療職者に対して適切にコミュニケーションできる能力
  3. 医学・医療に係る基本的知識を身につけるとともに、自己の専門分野における科学的根拠に基づいた体系的な専門的知識を修得し、実践能力を発揮することができる能力
  4. 自己の専門分野に対する向上心と研究心を持ち、生涯を通して継続して自己研鑽に励み、自己成長していく能力



臨床検査学科


医療科学部共通の資質・能力に加え、次の資質・能力を身に付 けた者に『学士(臨床検査学)』の学位を授与します。

  1. 人間の生命・人権を尊重し、高い倫理観と豊かな人間性を備え、社会に貢献できる能力
  2. 他者の思いや考えを理解し、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力
  3. 人体の機能や構造及び疾患の病態に応じた診断・治療を理解し、人々の健康・疾病・障害に対する観察力や判断力が身に付いている
  4. 臨床検査及び周辺領域に関する専門的知識と医療技術を持ち、科学的根拠に基づいた有効な臨床検査を実践できる能力
  5. 臨床検査学に対する向上心と研究心を持ち、生涯に亘って主体的に継続して学修に取り組むことができる能力


臨床工学科

医療科学部共通の資質・能力に加え、次の資質・能力を身に付けた者に『学士(臨床工学)』の学位を授与します。

  1. 人間の生命・人権を尊重し、高い倫理観と豊かな人間性を備え、社会に貢献できる能力
  2. 他者の思いや考えを理解し、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力
  3. 人体の機能や構造及び疾患の病態に応じた診断・治療を理解し、人々の健康・疾病・障害に対する観察力や判断力が 身に付いている
  4. 医療機器の高度化・多様化に対応し、科学的根拠に基づいた 医療機器の管理・操作・保守・点検を実践できる確実な専門的知識と技術
  5. 臨床工学に対する向上心と研究心を持ち、生涯に亘って主体的に継続して学修に取り組むことができる能力

カリキュラム・ポリシー

医療科学部では、ディプロマ・ポリシーに示す資質・能力を身に付けるために、授業科目を『基礎分野』『専門基礎分野』及び 『専門分野』に区分し、それぞれの教育が有機的に連動し、基礎から応用、応用から発展に向けて段階的に関連性を持ち、体系的に学修できるようにカリキュラムを編成します。


学部共通

  1. 人間尊重の理念、高い倫理観と豊かな人間性を併せ持った臨床検査技師及び臨床工学技士を育成するため、『基礎分野』の科目を学修して人間の理解を深めるとともに、『専門基礎分野』『専門分野』における演習、実習・実験で行うグループワーク等を通して相手の立場に立って物事を考える大切さを認識する。臨床実習により医療現場において患者との対応を経験するなかで思いやりや態度を身につけることができるようにカリキュラムを編成します。
  2. 医療専門職者として必要な協調性とコミュニケーション能力を涵養するため、『基礎分野』の科目を学修して人間の心理や人間関係の基本的あり方を理解し、演習・実習科目でグループワーク等により相手との協調性やコミュニケーション能力を養成し、臨床実習の経験の中で他職種者連携に関する理解を深め、患者との対応を通してコミュニケーションの重要性を理解できるようにカリキュラムを編成します。
  3. 医学と医療に係る基本的知識を基に主体的に行動できる能力を育成するために必要となる科学的根拠に基づいた専門的知識と技術を着実に修得できるようにカリキュラムを編成します。
  4. 演習科目や実習科目等を配置し、自ら学修する能力を備え、自己研鑽を続けて自己成長する態度を身につける教育を行います。
  5. 『総合研究』に配置する授業科目を学修し、特別研究や卒業研究に取り組み、課題を発し、まとめる過程を学修することにより、主体性をもって課題解決や研究を遂行できる基礎的な能力の育成を育成します。


臨床検査学科

  1. 人間尊重の理念、高い倫理観と豊かな人間性を併せ持った臨床検査技師を育成するため、『基礎分野』人間科学系の選択 科目を学修して人間の理解を深め、演習や実習で行うグループワーク等を通して相手の立場に立って物事を考える大切さを認識し、臨地実習により医療現場において患者との対応を経験するなかで思いやりや態度を身につけることができるようにカリキュラムを編成する。
  2. 医療専門職者として必要な協調性とコミュニケーション能力 を涵養するため、『基礎分野』の科目を学修して人間の心理や人間関係の基本的あり方を学修し、演習・実習科目でのグループワーク等により相手との協調性やコミュニケーション能力を養成する。臨地実習の経験の中で他職種者連携に関する理解を深め、患者との対応を通してコミュニケーションの重要性を理解することができるようにカリキュラムを編成する。
  3. 医学・医療及び臨床検査学の知識と基本となる理論を学修し、対象となる人々の健康レベルに応じて科学的根拠に基づいた臨床検査技術を着実に身につけるための授業科目を『専門基礎分野』及び『専門分野』において体系的に配置し、専門的知識と技術を着実に修得できるようにカリキュラムを編成する。
  4. 『総合研究』に配置する授業科目を学修し、課題解決や研究を遂行できる基礎的な能力の育成を図り、生涯を通して継続して学修に取組むことができるようにカリキュラムを編成する。


臨床工学科

  1. 人間尊重の理念と高い倫理観を持ち、豊かな人間性を併せ持った臨床工学技士を育成するため、『基礎分野』人間科学系 の選択科目を学修して人間の理解を深め、演習や実習で行うグループワーク等を通して相手の立場に立って物事を考える大切さを認識し、臨床実習により医療現場において患者との 対応を経験するなかで思いやりや態度を身につけることができるようにカリキュラムを編成する。
  2. 医療専門職者として必要な協調性とコミュニケーション能力を涵養するため、『基礎分野』の科目を学修して人間の心理や人間関係の基本的あり方を学修し、演習・実習科目でのグループワーク等により相手との協調性やコミュニケーション能力を養成する。臨床実習の経験の中で他職種者連携に関する理解を深め、患者との対応を通してコミュニケーションの重要性を理解することができるようにカリキュラムを編成する。
  3. 医学・医療と工学を総合的に理解し、臨床工学領域に係る専的知識と技術を着実に身につけるための授業科目を『専門基礎分野』及び『専門分野』において体系的に配置し、専門的知識と技術を着実に修得できるようにカリキュラムを編成する。
  4. 『総合研究』に配置する授業科目を学修し、課題解決や研究を遂行できる基礎的な能力の育成を図り、生涯を通して継続して学修に取組むことができるようにカリキュラムを編成する。
 
 学修成果は、授業科目の修得状況による客観的評価と、定期的に自己のパフォーマンスを評価する主観的評価によって包括的に評価します。
 評価結果の活用を通じて、教育方法の改善につなげていきます。

アドミッション・ポリシー

求める学生像

医療科学部では、学是である「仁」の精神の基づき、順天堂の長い歴史と伝統の中で培われた安心・安全で質の高い医療を提供 し、高い倫理観と豊かな人間性を兼ね備えた医療専門職者(臨床検査技師・臨床工学技士)を育成する。
従って、入学者には以下のような資質及び素養を備えた学生を求める。

学部共通

①「仁」の精神に共感し、人に対する関心や思いやりがある人
②豊かな人間性、柔軟性と協調性を備え、他者との連携・協調を保てる人
③入学後に学ぶ学問領域に興味を持ち、自ら積極的に学ぶ姿勢・態度を有している人
④国内外の医学・医療科学の分野に広く貢献したいという志のある人
⑤高等学校等において能動的に幅広く学び、入学後の学修に必要な基礎学力を身につけている人
⑥基本的生活態度が身についており、心身の健康に気を配れる人

各学科では、教育課程の内容に基づいて、次の能力を身に付けられる学生を求めます。

臨床検査学科

①人を思いやり、労わる心を持ち、相手の立場に立って物事を考えることができる人
②医療や臨床検査に高い関心を持ち、臨床検査技師になる意思が強い人
③自己研鑽の意欲があり、目標達成のために様々な方法を見つけ、主体的に粘り強く努力を続けることのできる人
④社会の動きに関心を持ち、協調性やコミュニケーション能力がある人


臨床工学科

①人を思いやり、労わる心を持ち、相手の立場に立って物事を考 えることができる人
②医療や臨床工学に高い関心を持ち、臨床工学技士になる意思が強い人
③自己研鑽の意欲があり、目標達成のために様々な方法を見つけ、主体的に粘り強く努力を続けることのできる人
④社会の動きに関心を持ち、協調性やコミュニケーション能力がある人